にんにく卵黄の成分であるコリンとは

コリン | にんにく卵黄の効果を徹底比較

にんにく卵黄の成分であるコリンとは

音の響きが可愛らしいコリンですが、中性脂肪の調整、神経伝達機能、喘息や血圧を押さえる作用のある栄養素で、水溶性のビタミンと似た働きをする優れたアミノ酸です。

 

コリンは体内でも作られますが、食事からも摂取が必要です。

コリンは、性質的にはビタミンに近いのですが、ビタミンの定義の一つである欠乏症の心配が無いためビタミン様作用物質に分類されています。

 

アミノ酸であるコリンは、タンパク質が結合してできる物質です。

 

コリンを体内で作り出すためには卵黄やレバー、コムギ胚芽、コメ胚芽、大豆、酵母など、タンパク質の多い食材を食す必要があります。

 

コリンの1日の目標摂取量は500〜2000mgですが、100gの卵黄に対しコリンは630mg、100gの鶏レバーに対し 210mgです。

 

けっこう摂取するのが大変そうです。

 

過剰摂取すると体臭が魚臭くなると言われていますが、心配はほとんどないでしょうね。

コリンの働き

 

ではコリンは、いったいどんな働きをしてくれるのでしょうか? 詳しく見てみましょう。

 

コリンには、糖質、炭水化物、動物性脂肪などからできる中性脂肪の量を調整する働きがあります。

 

中性脂肪は人間が生きる上で大切な脂肪ですが、増えすぎると皮下脂肪を増やしメタボになってしまいます。

 

スタイルが崩れてしまう、というだけでなく動脈硬化の原因にもつながるので、中性脂肪の増加は健康維持のためにも注意が必要です。

 

食べることが大好きだけどメタボが気になる、高血圧や肝硬変の予防をしたい方は、積極的にコリンを取り入れたいですね。

 

またコリンは、コレステロールや脂肪の蓄積を防ぐレシチンを体内で作り出す役割もになっています。

 

ちなみに、レシチンは「脳の栄養素」と呼ばれ、脳の活性化に大きく貢献しています。

 

コリンは、記憶力の向上にもつながると言われており、アルツハイマー症や認知症の改善にも役立つのではないかと期待されています。

 

中性脂肪を減らしたい、もっと記憶力をアップさせたいという方は、コリンも入っているにんにく卵黄を積極的に摂取してみると良いでしょう。

にんにく卵黄 おすすめベスト3

当サイト「にんにく卵黄の効果を徹底比較」がおすすめの、にんにく卵黄をご紹介します。
あなたのにんにく卵黄選びの参考になれば幸いです。

各商品の詳細は、「詳細はこちら」ボタンをクリックしてご確認下さい。



えがおのにんにく卵黄油
えがおのにんにく卵黄油 えがおのにんにく卵黄油は、気になるにんにくの臭いを抑えるために、厳選した3種類の国産にんにくを使用し、また、熟練の職人によって育てられた鶏の卵黄を使用しています。

その鶏は、手作りで安全な餌を食べ、のびのびと育った、最高の鶏です。

さらに、スッポン粉末、梅エキス粉末、マカ、ビタミンB1等も配合されていますので、元気を取り戻したい方におすすめです!
内容量 送料 詳細
650mgx31粒
(一粒の内容量360mg)
送料無料

にんにくすっぽん卵黄の詳細


第2位
やわたの熟成にんにく卵黄 黒の力
やわたの熟成にんにく卵黄黒の力の詳細 船越英一郎さんでお馴染みの、やわたの熟成にんにく卵黄黒の力です。

やわたの熟成にんにく卵黄黒の力は、選び抜かれたこだわりの原材料を使用しておりますので、安心、信頼できますね。

お値打ち価格ですので、これなら家計に負担がかかりません。さらに嬉しいことに、定期購入割引もあります。

ぜひお試し下さい。
内容量 送料 詳細
60粒(約1ヶ月分) 216円
3,672円(税込み)以上で送料無料

にんにく卵黄229-55ニンニクゴーゴーの詳細


第3位
伝承にんにく卵黄
伝承にんにく卵黄の詳細  国内産「嘉定種」にんにくと、鹿児島県産「放牧地鶏」のたまごを使ったこだわりのにんにく卵黄です。

伝承にんにく卵黄は、臭わない、低カロリー、低価格だから、ずっと続けられるんです。

携帯ケースプレゼント。さらに開封後でも全額返金保証は嬉しいですね。
内容量 送料 詳細
粉末タイプ:30g
ハードカプセル:260mgx50粒
ソフトカプセル:300mgx60粒
送料無料

伝承にんにく卵黄の詳細